スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

今日は、まじめです。

大阪でひき逃げして3キロもひきずって
なんて 酷い事件がおきましてね。

そんな事件の報道をみて 少しいつもとちがう話しになります。

かた~いかな?話しです。

しかし、知っていなければいけないことです。














私達の生活は、知らないうちに法律で守られていますよね。

法律=衆議院と参議院の両議員の可決したときに成立
          ということは、私達が選挙で選んだなんだよね。
          とは、またあとで説明します。

規則=最高裁判所等が定める

省令=各省大臣が発する

告示=各省大臣・各委員会・各庁の長官が発する





さっ 事件のことにサ~と私なりの判断を入れてふれてます。

大阪のひき逃げ事件では




最初の事故での段階では

業務上過失致死傷(刑法211条)
      ↓
           その後の行為からみると
危険運転致死傷(刑法208-2条)
           アルコール又は薬物の影響により正常な運転が困難な
           状態で自動車を走行させた。
            (上記は、私の憶測にすぎません)
      ↓
殺人(刑法199条)
           で起訴される可能性があります。
           (起訴をできるのは、検察官です。)

















       そんなことは わかっているよ~

        そう思ったかたいますよね!

そうです 犯人(被告)が、罰されただけですよね。

被害者の権利は・・・・・・・???












    ちなみに 被害者の家族等は、この裁判事実を知らされません。
    知りたければ 積極的に 被害者の家族等が情報を取らなければなりません。


そこで 民法(民事裁判)の出番になってきます。
被害者側から訴えなければなりません。

入院費とか これからの生活費とか 介護費とか いろいろ・・・
この訴えは、誰もやってくれません。
自分たち(被害者側)が、行動しなければなりません。


これは かなりの労力・心労・精神的苦痛になります。

よくわからないから 弁護士に依頼するんだけど・・・
        ↓
こちら側の弁護士に言われている事もよくわからん
        ↓
しかも 仕事も休まなければならん
        ↓
訴えの取り下げ


こんな状況のかたが多いと聞きました。

簡単にいえば(適してないことが多いので 責任は当方はもちません)

あなたが、突然 道路で車で跳ねられました。
          ↓
犯人が警察につかまりました。
          ↓
普通に行けばこれで終わりです。
          ↓
被害者の権利は、自分(当事者など)で主張しなければ消滅時効になる


みなさん この事実を 薄っすら頭の片隅に知っているだけで
その後の対応が違いますよ。

明日は、私が加害者になるかも?

        被害者になるかも?

車の運転には注意してください。


     以上 おわり


スポンサーサイト
プロフィール

sakipapa

Author:sakipapa
咲学園として
3ワン+2ニャンと のんびり暮らす家族です。
捨て犬、猫ちゃんがいると家で保護して
里親さんを探す活動をしています。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
FC2カウンター
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

インクが安い
フリーエリア

ブログ内検索
fc2ブログランキング
ランキングに参加中です。ポチお願いします。

FC2ブログランキング

いつでも里親募集中

RSSフィード
リンク
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

小さな天気予報

-天気予報コム- -FC2-
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。